技術情報technical information

OpenText Gupta Team Developer

Team Developer 7.1J について

1) バックグラウンドスレッド

アウトラインウィンドウに、BackgroundWorkerクラスのインスタンスが定義できる新しいBackground Threadsノードが追加されました。BackgroundWorkerは、GUIをブロックせずにバックグラウンドスレッドでタスクを実行することができます。

2) WPFコントロールのWin32サポート

Win32アプリケーションでも、以前は.NETビルドターゲットに限定されていたWPFカスタムコントロールと関連するSalWPF * API関数が使用できます。

3) UIスキニング

Win32ビルドでは、ProfUIのスキニングがサポートされるようになりました。 アプリケーションのルック・アンド・フィールをカスタム定義するためのXMLファイルが作成できます。

4) ソース管理

IDEから直接SVNまたはGITからのチェックアウト/コミット/アップデートを有効にするために、[ソース管理]画面が追加されました。

5)データベース

SQLBaseの最新バージョン12.1がバンドルされました。

Team Developer 7.0Jの情報はこちら

システム要件

プロセッサー x64 Processor, 1.4GHZ 以上
メモリ 2GB以上
OS
  • Windows Server 2016
  • Windows 10
  • Windows 8.1(32bit,64bit)
  • Windows Server 2012 (64bit) ※R2も対応
  • Windows 7 (32bit,64bit)
  • Windows Server 2008 (64bit) ※R2も対応
.NET Framework 4.5以上
データベース
.NETエディション用
  • SQLBase 12.1, 12.0, 11.7, 11.6 (using 11.7 drivers)
  • Oracle 11g R2 (32 bit client) connecting to Oracle 10g or 11g
  • Oracle 12c
  • Microsoft SQL Server 2008, 2012, 2014, 2016
  • SAP ASE 16.0 (Sybase)
  • OLE DB (32 bit version)
  • ODBC (32 bit version)
データベース
Win32エディション用
  • SQLBase 12.1, 12.0, 11.7, 11.6 (using 11.7 drivers)
  • Oracle 11g R2
  • Oracle 12c
  • Microsoft SQL Server 2008, 2012, 2014, 2016
  • SAP ASE 16.0 (Sybase)
  • OLE DB (32 bit version)
  • ODBC (32 bit version)
データベース
Win64エディション用
  • SQLBase 12.1, 12.0, 11.7, 11.6 (using 11.7 drivers)
  • Oracle 11g R2
  • Oracle 12c
  • Microsoft SQL Server 2008, 2012, 2014, 2016
  • SAP ASE 16.0 (Sybase)
  • OLE DB (64 bit version)
  • ODBC (64 bit version)
参照元:Gupta Team Developer 7.1 Release Notes.pdf