サービスservice information

LSS(License Subscription Service)

LSSとは、GUPTA製品(Team Developer、SQLBase、TD Mobile)のライセンス保守サービスです。サービス内容は下記の通りです。

  • GUPTA製品バージョン・アップ版CD-ROMの無償提供
  • 日本語キーボード入力をサポートするIME.DLL の提供 (LSS期間中に限ります)

GUPTA製品バージョン・アップ版CD-ROM の無償提供

製品には改良レベルに応じて以下の3種類のバージョンが存在します。LSSサービスのご契約を頂いたお客様には、バージョン・アップ / リリース・アップ製品のCD-ROMをご提供します。メンテナンス・リリースに相当する製品 は、LSS契約の有無に関わらず提供しています。メンテナンス・リリースレベルがあがった後は、それ以前のバージョンに対するメンテナンス・リリースは行われないため、 長期にわたりGUPTA製品を安定してご利用いただく上で、LSSの締結をお勧めします。

  • バージョン・アップ (6.x ⇒ 7.x)
  • リリース・アップ (6.2 ⇒ 6.3)
  • メンテナンス・リリース(6.2 sp1 ⇒ 6.2 sp2)

日本語キーボード入力をサポートするIME.DLL の提供

キーボードの入力モードを制御するためのIMEモジュールを提供します。このモジュールによって全角かな、半角カナ、全角英数、半角カナ、半角英数の入力を制御することができます。
※ LSS 期間中のみの提供となりますのでご注意ください。
※ Team Developer Win64 用の IME モジュールの提供は行っておりません。


サービスに関するお問い合わせはこちら


LSSのお申込みはこちら